生理痛もないし、かぶれたこともないけど、話題の布ナプキンに挑戦。

生まれてこの方「女らしく」とは無縁に生きてきまして、だからスキンケアとかもだいぶ怠ってきました。40過ぎて子育てもお落ち着いてきてようやく、「もっと人生楽しめばよかったなー。そもそも、女の子ライフももっと楽しめばよかったなー」と後悔して、そしてこんな記事 「布ナプキンが究極の自己肯定になるということ 」を読んで、私も布ナプキンで自分を大事にする感じを育てたいなーと思い布ナプキンに切り替えてみました。

そもそも、ここから、スキンケアとかダイエットとかに関心が向くようになったのです。

先程の「布ナプキンが究極の自己肯定になるということ 」を書いた藤本さき子さんのお店 petite la’ deux(プティラドゥ)でSサイズ・Mサイズ・Lサイズ、 AmazonでSサイズ・Mサイズ・ナイト用を各1枚づつ購入しました。

 

ちなみに藤本さき子さん、本も出されてます。

1、使用感

2、お手入れ・お洗濯

3、手作りしてみよう

 

 

1、使用感

使ってみて、まず、第1に、ナイト用が素晴らしい( *´艸`)

肌あたりがいいんです。お尻も喜ぶこの感じ。漏れを気にして使い捨てナプキンの場合大きめのナイト用を使っていましたが、お尻がゴワゴワするんですよね。

布ナプキンはそれがない。ほんと気持ちいい。

自分が布ナプキンしてみるまで思いもしなかったけど、赤ちゃんの紙おむつも、使い捨てナプキンのナイト用的な感じだったのかなーとちょっと反省しました。

さらに、 petite la’ deux(プティラドゥ)さんでは、肌面がオーガニックコットンと今治タオル生地の2種類から選べたので、Sサイズをタオル生地で買ってみたのですが、

タオル生地が素晴らしい( *´艸`)ほんとフワフワです。

かわいい生地のものがたくさん売られているので、それをポーチにいくつも入れて生理中は持ち歩いていますが、ポーチを開けた時も、自分のお気に入りの柄物が詰まってるのでうれしくなります。

たぶん、布ナプキンに挑戦する上で一番心配になるのがなのが、使用済みのナプキンの処理になると思います。

仕事場や外出先などではさすがに下洗いはできないので、小さいスプレーなどにアルカリウォッシュやセスキ炭酸ソーダを溶かした水を入れておいて、それをスプレーしてから、折りたたんで、ビニール袋に入れてさらに別ポーチにまとめて職場のロッカーなどで保管してます。

ちなみにこちらは私が使っているスプレー容器です。
ガラス製で模様がおしゃれで素敵です。
50mlの容量がありますが、スプレーすると少量で足りるようなので、もっと小さいアトマイザーでもよかったかもと思います。

チャック付きのビニール袋があると便利ですが、繰り返し使うのも抵抗があるので、結局コンビニの小さいビニール袋を使ってます。

あとは、家で下洗いしてから、アルカリウォッシュやセスキ炭酸ソーダを溶かした水につけ置きします。

今まで職場などで臭いが問題になったことはないです。
外出先では、「汚れ物をカバンに入れて持ち歩いている」という思いが、今のところの最大の欠点かなーと思いますが、カバンの外ポケットとかに入れて工夫をしています。

子供たちが赤ちゃんの時、外出先で交換した紙おむつを持ち帰らないといけない時、ここまで「汚れ物」と思って持ち歩いていなかったのに、自分の使用済み生理用品はそういう扱いなのかと思うと、まだまだ自分を大事にできてないのかなーと思ったりもします(-_-;)

 

 

 

2、お手入れ・お洗濯

気になるお手入れ・お洗濯ですが、アルカリウォッシュセスキ炭酸ソーダを溶かした水に漬けこんでおけばよく落ちます。

つけ置きの容器には、amazonで買ったPL 「キャニスター ホーロー製 L レッド 」545RLを使ってます。

容量は2.2リットルで、この容器に小さじ2~3杯のアルカリウォッシュもしくはセスキ炭酸ソーダを入れてから、4分の3ほど水を入れて計量スプーンでかき混ぜて溶かします。

そこへ持ち帰って水道水で下洗いした物を、汚れてる面がしっかり浸かるように入れます。1日分はこれで収まります。

翌日取り出してお風呂に入るついでに手洗いして経血を落とします。ただ、水か超ぬるいぬるま湯で洗ってくださいね。

熱いお湯では血液のたんぱく質成分が固まって落ちなくなります。

さて、実際やってみて、このお風呂場での洗濯が一番手間かなーと思います。意外と布ナプキンは血液を含んでいて、血の混じった水が出なくなるまで3度くらいはいつもすすぎます。でも、お気に入りの柄の布ナプキンだと、それもまた楽しく感じれます。

その後洗濯ネットに入れてほかの洗濯物と一緒に洗います。

ホントは無添加の洗剤でお洗濯するといいのでしょうが、結局そこはめんどくさくてほかの洗濯物と一緒に洗っています・・・(^_^;)

でも、ナプキンを手洗いすることによって、なんとなく自分の体を労わる気持ちが芽生えてくるというか・・・。こんなに頑張ってるんだなー私の体、えらいなーとか思えてきます。(私だけ?)

そんなこんなで、手洗いは面倒ですが、月に数日のことだし、布ナプキンの可愛い柄にも癒されながら、もう、使い捨てナプキンには戻れない今日この頃です。

S・M・各2枚づつと、Lサイズ・夜用各1枚では少ないので、ついに自作してみることに!

 

 

3、手作りしてみよう

材料はこちらで調達 → 石けん百貨ー布ナプ手作りキット・素材
防水布も売ってます。

 

タオル生地は未使用のタオルを使いました。手芸用品店で手に入らなかったので・・・。

反省点としては、オーガニックコットンの生地質によっては、吸い込みが悪く、たとえば、ナプキン変えるタイミングで出血したりすると、記事の上で流れて大惨事に・・・ということもあったので、吸い込みがよいものを選ぶが、一度ゴシゴシ手洗いして多少毛羽立たせてから作成するとかするといいでしょう。

タオル地はその点吸収力抜群です。

 

そのうち、布ナプキンの型紙もこちらにアップしてみたなーと思います。

 

 

布ナプキン↓

posted with カエレバ

 

アルカリウォッシュ・セスキ炭酸ソーダ↓

posted with カエレバ

つけ置きようホーロウ容器

posted with カエレバ

チャック付きビニール袋