お化粧やスキンケア、私みたいなのが女の子ぶってするのも気恥ずかしいっていうか、私には不似合いなものとしてきた私。その私がようやく、女の子らしさを求めるようになって、楽しんでお化粧したりスキンケアに精を出すようになったけど・・・。
それでも、この本を読んで、スキンケアやめてみようかなと思いました。
一番の理由は「ほうれい線が浅くなった」という一文。
未だにほうれい線に「これなら!!」と思える方法が見つかっていない私。そして著者はスキンケアを65歳でやめてこの本を書いている。65歳でもほうれい線が浅くなったことが実感できる(それも脱スキンケア後2か月くらいで)ってことは・・・。やってみる価値あるのでは?
著者の1年間の記録となっているこの本。本当にこれでいいのかと気持ちが揺れるあたりも、これから脱スキンケアしようとする人の励みになるんじゃないかな。
今回勉強になったのは、肌は排泄器官であるという事。
あと、日焼け止めとか、「ベビー用はお肌に優しいはず」という理由でベビー用を愛用していたのですが、 それが飛んだ大間違い(゚д゚)!ということを知りました。
まあ、それにしても、な~んだ、じゃあ、急に目覚めてスキンケアとかお化粧とかしなくて良かったんだ~・・・って、一瞬思ったけど、どういう気持ちでスキンケアをしないのかが大事なのかなーって思いました。
40になる前の私がスキンケアをしない理由は、「私には似合わなし、めんどくさいし」でしたが、今の私は「もっと奇麗になるために」です。
同じ行動でも、理由が全然違う。なんかすごいな~( *´艸`)
結果が出るのに、早くて数週間、遅くて1年ていう感じです。気長に様子を見て経過報告をしていこうと思います(≧▽≦)




ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中( *´艸`)