お久しぶりです、超お久しぶりです(^-^;

いやーー、昨年末から今年のこの間までホントいろいろあって・・・。

とりあえず、離婚しました~( *´艸`)

それに伴う色々がいろいろで(どんな説明だ(笑))ようやく落ち着いてきたかなーーと思う今日この頃。

 

 

 

まあ、それは置いといて、昨年「ちつトレ」を始めるきっかけにもなった、おしもの気になることを解決(?)したのでそのご報告。

離婚する前に気になることは解決してしまおうと思い、思い切って婦人科を受診しました。

何が気になってたかというと

 

 

 

今からもうすでに1年以上前ですが、温泉に行きまして、

 

洗い場で大股開きで(^-^;)ドカッと椅子に座ったら、目の前の鏡が結構大きくて、その鏡に陰部の黒いもじゃもじゃの中に(どんな表現じゃ(+_+))えらく明るいピンク色がちらりと見えたんです。

なんだあれは・・・(@_@)

トイレとかで見る限り、こんな明るい色の部分は見たことないし・・・と気になって、温泉楽しめない始末(笑)

 

 

 

そしたら、ふと、三女の出産のときのことを思い出したんです。

産む前だったのか後だったのかはもう定かではないのですが、分娩台の上で大股開きの状態だった時、傍らに看護師さんが一人いたのですが、そこへもう一人看護師さんがやってきて、私のお股を見て(もう、なんだかな・・・(^_^;)書いてて恥ずかしいわ)

「あら?」って言ったんです。そしたら初めからいた看護師さんが「ちつ壁がこぼれてるんです」と言ったんです。

私は聞いてて「?」と思ったものの、だからと言って何か看護師さんたちに言われたわけでもなかったので、スルーしてしまったのですが、今にして思えば、それがコレってことなのでは?と思い至ったわけです。

 

 

 

 

なんとなく、正体は分かったものの、さて、これでいいのか?ちつの一部が外にあって、ばい菌が入ったりしないのか?三女を出産してから10年以上たつのに、今更元に戻せるのか?

そもそも、その色!10年以上も外側に出てたら、他の皮膚みたいに肌色にならないの?

謎が謎を呼ぶ感じ。

ネットで調べてみても、「ちつ壁が こぼれる」という表現ではなんだかいまいち自分の知りたいところにたどり着けず・・・。

やっぱり、婦人科で聞いてみるしかない・・・。そう思いつつ、なかなか踏み出せない(=_=)

 

 

 

 

なかなかね、今、痛いとか苦しいとかそういうんじゃないとね・・・。いったら絶対御開帳しないといけないわけだし・・・(>_<)

 

 

 

でも、離婚にあたり、気になることは全部クリアにしておきたい、すっきりさせたいと思い、ようやく婦人科へ。

 

 

 

結果、問題なしでした。

 

 

 

 

三人出産しているので、三女のときに気付いただけで、次女のときにすでにそうなってしまっていたのかもしれないけど、まあとにかく、出産時のものということで、これのせいでばい菌が入るということはないとのこと。

私程度のことなら、縫って治すということも必要ないとも言われ、ついでに子宮頸がんの検診もしてもらい、子宮の位置などもちゃんと正常な位置に収まっているので大丈夫とのことでした。

 

 

 

とにかく一安心。

 

 

 

 

 

散々行き渋った私が言うのもなんですが、婦人科って足が向きにくいものですが、気になることがある人はちゃんと診察してもらいましょう(^_-)-☆

 

 

 

 






にほんブログ村